JIMGA規制改革部会は、JIMGAウェブサイトから広く会員の皆様の規制緩和提案を受け付けるよう、規制緩和提案ポストを設けました。
JIMGAの規制改革活動につなげ、業界としての法的な制限の緩和を行います。
応募いただいた提案は、以下のような流れで活動が行われます。

1. 会員からの提案 ⇒ 提案書式のダウンロード

提案書式に記入いただき、規制改革部会事務局にメールで送付いただきます。
記入項目:課題名、提案日、提案者、連絡先、概要、目的、公開の有無、達成イメージ、評価(重要性、コスト、産業界への影響)、活動組織体制

2. 事務局での内容確認

事務局から、JIMGA内技術専門家(技術・保安部会各技術WG)による議論を行うために、内容について事務局から提案者へ確認します。

3. 技術専門家による議論

JIMGA内技術専門家(技術・保安部会各技術WG)による議論を行います。

4. 活動の開始と規制改革部会への情報共有

活動組織を決定し、活動を開始します。(例、タスクフォースチームを組織化、技術WGでの活動開始等)、活動開始した内容の情報共有を規制改革部会へ行います。

5. 活動方針、活動計画の作成

活動方針と活動計画を作成し、戦略や戦術を明確にします。

6. 関係省庁との折衝

産業ガス、医療ガスビジネスの規制関係省庁(経済産業省(KHK)、厚生労働省、総務省(消防庁) 等)へ折衝を開始します。

7. 要望書提出あるいは法技術委員会での議論開始

関係省庁の回答を踏まえて要望書の提出、あるいは法技術委員会での議論を開始します。

8. 法、省令等の改正

法や省令が改正されます。

活動テーマリスト&進捗状況(2021年10月5日現在)

管理番号 テーマ名 提案会員 提案書公開 担当チーム 進捗
2013-001 医療用酸素容器の定期点検期間の緩和 医療ガス部門 在宅酸素部会 自主基準作成済み
経産省高圧ガス保安室との折衝継続
2013-002 在宅酸素用LOX装置の製造届出要件の緩和 医療ガス部門 在宅酸素部会 2021年度高圧ガス保安協会委託事業
10/5第2回法技術検討委員会
2017-001 CE設置事業者での単独荷卸しに関わる運用 産業ガス部門 保安対策WG 活動中断
2020-001 食品衛生管理者の選任緩和 昭和電工ガスプロダクツ 炭酸ガス技術WG 要望書作成中
2020-002 保安企画推進委員の選任条件緩和 大陽日酸

タスクフォース 2021年度高圧ガス保安協会委託事業
10/5第2回法技術検討委員会
2020-003 圧力容器等に関する二重規制の緩和 岩谷産業

タスクフォース 要望書作成中
2020-004 特別充塡許可可能容器種の緩和 日本エア・リキード

タスクフォース 要望書作成中
2020-005 自動化・遠隔監視による設備運営・管理体制の見直し 日本エア・リキード

JIMGA事務局 2021年度高圧ガス保安協会委託事業
10/5第2回法技術検討委員会
2020-006 災害復旧時の高圧ガス設備の書類審査の簡素化 岩谷産業

タスクフォース 活動開始(2021年9月29日キックオフ会議)
2020-007 充塡量アップ(PH3) 日本エア・リキード

タスクフォース 海外のエビデンス調査
2020-008 減圧による製造行為は、製造に該当しないよう緩和 日本エア・リキード

規制改革部会 経産省高圧ガス保安室・高圧ガス協会へ説明
2020-009 CE入れ替え時の申請の緩和 大陽日酸

タスクフォース 2021年度高圧ガス保安協会委託事業
10/5第2回法技術検討委員会
2020-010 FRP容器の使用期限、及び耐圧年数の緩和 医療ガス部門

医療用FRP容器
規制緩和WG
経産省高圧ガス保安室との折衝開始