注意喚起 厚労省 経産省 会員連絡

【気象庁連絡事項】低気圧と前線による大雨について(第2報)(土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒)

2024.05.28

会員各位

気象庁より低気圧と前線による大雨について(第2報)の情報がございましたのでご連絡いたします。

 詳細は以下をご確認ください。

《 概 要 》

<ポイント>

低気圧や前線の影響で、北海道を除く広い範囲で29()にかけて大雨となる所がある。特に、鹿児島県、高知県及び徳島県では28()日中に、岐阜県、愛知県及び静岡県では28日午後に、線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性がある。

<概況>

前線を伴った低気圧が九州付近にあり、29日にかけて西日本から東日本1 の太平洋側を東へ進む。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となる。

<大雨>

西日本では雷を伴った非常に激しい雨※2 が降り、大雨となっている所がある。引き続き、南西諸島や西日本では28日、東日本や東北地方では29日にかけて、太平洋側を中心に大雨となる所がある。特に、鹿児島県、高知県及び徳島県では28日日中に、岐阜県、愛知県及び静岡県では28日午後に、線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性がある。

<警戒事項>

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒。落雷や竜巻などの激しい突風に注意。

<台風第1号について>

強い台風第1号は、フィリピンの東にあって発達しながら北東へ進んでいる。29日には沖縄県の大東島地方に接近し、31()には伊豆諸島近海へ進んで、61()には日本の東で温帯低気圧になる見込み。大東島地方では29日に暴風や大しけに、伊豆諸島では30()から31日にかけて大しけになるおそれがある。

1 東日本:関東甲信地方・北陸地方・東海地方 2 非常に激しい雨:1時間に50mm以上80mm未満の雨

【気象庁連絡事項】資料20240528